Conductors

常任指揮者
佐々木 隆信(ささき たかのぶ)

サキソフォンを阪口新、須田まこと、大庭進の各氏に師事、フランス留学。
現在「TSQ(東京サキソフォン・カルテット)」アルトサックス奏者。
また、ヤマハ音楽教室、学生バンドの指導者として活躍中。

武蔵野音楽大学 器楽部サキソフォン科卒


客演指揮者
小林 俊司(こばやし しゅんじ)

トランペットを北野勝広、北村源三の両氏に、作曲を石桁真礼生氏に師事。

小林先生は2009年6月にご逝去されました。団員一同、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 

国立音楽大学 器楽科(トランペット)卒


渡辺 博彦(わたなべ ひろひこ)

フルートを林リリコ、古田雅夫の各氏に師事。
現在、フィルハーモニア・ウィンド・アンサンブル、フルート室内楽の メンバーとして活躍中。また、財団法人ヤマハ音楽振興会指導スタッフ。

武蔵野音楽大学 器楽部フルート科卒


森田 一浩(もりた かずひろ)

森田先生は2021年8月にご逝去されました。団員一同、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

東京芸術大学にて故・長谷川良夫氏に作曲を師事。オリジナル作品に「ポップ・ステップ・マーチ (’85年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)」、「ピアノ連弾のための花時計」 などがある。管楽アンサンブル、吹奏楽のアレンジを始めレコーディング・ディレクター としても活躍。

ニュー・サウンズ・イン・ブラスでのアレンジ曲

「ミュージカル”キャッツ”メドレー」、「コーラスイン・メドレー」、「ナイス・デイ」、 「すべてをあなたに」、「ハイプレッシャー」、「タンゴ・ア・ラ・カルト」、「ひき潮」、 「マタドール」、「ファンダンゴ」、「虹の彼方に」、「ウィンター・ワンダーランド」他多数


杉本 幸一(すぎもと こういち)

全日本吹奏楽コンクール課題曲「カーニバルのマーチ」を作曲したことをきっかけに、 本格的に吹奏楽の作・編曲活動に入る。JBA日本吹奏楽指導者協会会員。Finaleユーザーズ・クラブ会員。

主な作・編曲作品

国立楽器「ジョイフル・コンサート・シリーズ」の編曲、「BMGジャパン吹奏楽 全集/アレグロⅠ」の作・編曲、航空中央音楽隊、陸上中央音楽隊、阪急百貨店吹奏楽団、 士気シビックW.O、狭山ヶ丘高校吹奏楽部 他にも編曲を提供している。


高木 登古(たかぎ とうこ)

作・編曲家。都立永山高等学校卒業。現・尚美ミュージックカレッジ卒業。吹奏楽全般を馬場正英氏に師事。
高校在学中は、打楽器と学生指揮を担当。作曲・編曲は独学。

主な作・編曲作品

主なアレンジ曲はA.ハチャトゥリアンの交響詩「凱旋の詩」(祝典ポエム)、F.シュミットのバレエ音楽「サロメの悲劇」など。 オリジナル曲に全日本吹奏楽コンクール課題曲のマーチ「ブルースカイ」がある。


高山 直也(たかやま なおや)

武蔵野音楽大学卒業。サクソフォーンを阪口新氏、作 曲を藤田玄播、浦田健次郎の両氏に学ぶ。 卒業後、(財)ヤマハ音楽振興会に入社、指導スタッフ となり、その間、手塚幸紀氏に指揮法の薫陶を得る。日 本国民音楽振興財団(現・日本音楽財団)1981年度 作曲コンクール吹奏楽部門第1位受賞。 独立後、ビクターなど数々のレコーディングに参加。 クラシックでは、オーケストラ・アンサンブル金沢、ズーラシアン・ブラスなど、また、 ジャズでは、MALTA、見砂和照と東京キューバンボーイズなど数多くのアーティスト にスコアを提供。長年「バンドジャーナル」誌の作編曲者を務め、その数は100曲以 上に上る。 さらにクラシック音楽批評では定評のある「音楽の友」誌でも健筆をふるい、J.ゴー ルウェイ、H.ホリガー、E.パユなど数多くの批評を担当。 また、ペーター=ルーカス・グラーフ他、著名アーティストのインタビュワーを務める など執筆活動も展開する。


三嶋 淳(みしま あつし)
MISHIMA

北海道札幌市出身。武蔵野音楽大学卒業。サキソフォーン専攻。阪口新、須田寔の両氏に師事。
在学中よりジャズに興味を持ち、プレイヤーとしていくつものビッグバンドに参加。現在、巣鴨学園にて教鞭を執る傍ら、クラシック、ジャズ等の演奏の他、吹奏楽指導を行っている。